EXHIBITION

JAPANESQUE TASTE PERSONS
数寄者達
―琳派以後の方法2012―

各位
「数寄者達―琳派以後の方法2012̶」展は"アートジャパネスク(DRY/LIGHT/CLEAR/SHARP)"を共通の キーワードに1990年から継続的に行われ、臨江閣では過去4回の展覧会と、2005年に開催した群 馬県立近代美術館やCONCEPT SPACEなどにおいて通算13回を数えます。今回の展覧会では CONCEPT SPACE 発足30周年記念展の一環として、国内外の優れたアーティスト数名で構成し、 コラボレーションとして機能させながら美術の現在から未来を鑑みる実験的な試みになります。 また今一度臨江閣と対峙することによって明治維新以後日本に流入しつづけ、定着したかに見え る異文化の方法論に疑問を抱き、精神構造としての日本美術は何なのか、何処にあるのかに拘り、 日本美術の集約として[琳派]に着目し、モデルにする事によって改めて日本美術のルーツを探る目 的も併せ持っています。 典型的な地方小都市の"群馬"にあってまだ観ぬ未来に向けて美術に何が出来るのか、美術の世界 的な動向のなかで日本美術は何処を向いているのか、また明治17年築の臨江閣の典型的な日本建 築空間と現代美術のコラボレーションの妙技、そして私達の試みが地域と連動した活力になる事 を期待します。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

PDF   ダウンロード

会期
2012年9月22日(土・祭) ~ 30日(日) (月曜日休館・無料)
10:00am ~ 4:00pm (入館は3:30pmまで)
茶室開室
9月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
コンサート
9月22日(土・祭日)(参加無料/予約不要)
午後 2:00-2:30
川松康徳 + 山本信幸
(YAUSNORI KAWAMATSU +NOBUYUKI YAMAMOTO)
レクチュア
9月23日(土)(参加無料/予約不要)
午後 2:00-3:30
「日本美術の可能性」
住友文彦(フリーランスキュレーター)+福田 篤夫(CONCEPT SPACE主宰)
茶 会
9月29日(土)、30日(日)(参加無料/予約不要)
1)午後1:00-2:00、2)午後2:00-3:00
*皆様お誘い合わせの上ご自由にご参加ください。
茶道 無径会 今井睦子 | SADO MUKEIKAI
コミュニティー
9月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
(参加無料/予約不要/終日時間適宜)
鈴木 秀臣
出品作家
白石 由子 | YUKO SHIRAISHI(JP/GB)
小穴 恵子 | KEIKO KOANA(JP/DE)
高橋 礼花 | AYAKA TAKAHASHI
川松 康徳 | YASUNORI KAWAMATSU
山本 信幸 | NOBUYUKI YAMAMOTO
Art Ism Minima
福田 篤夫 | ATSUO HUKUDA
ロジャー・アックリング | ROGER ACKLING(GB)
マシュー・タイソン | MATTEW TYSON(GB)
マイケル・アシャー | MICHAEL ASHER(US)
ロバート・ライマン | ROBERT RYMAN(US)

俵屋 宗達(生没年不明) | SOTATSU TAWARAYA
千 利休(1522-1591) | RIKYU SEN
本阿弥 光悦(1558-1637) | KOETSU HONAMI
尾形 光琳(1658-1716) | KORIN OGATA
会場
臨江閣本館及び茶室
〒371-0026
群馬県前橋市大手町3丁目15番地
(前橋市中央児童遊園/るなぱあく隣)
Tel.027-231-5792(交通案内)
問合せ
CONCEPT SPACE
Tel. 090-8582-0414/ Fax. 0279-24-5252
e-mail.hukuda3323@ybb.ne.jp
〒370-0007
群馬県渋川市石原309-8
協賛
田中アートプログラム
協力
臨江閣、群馬県教育委員会、前橋市教育委員会、岡 秀幸、五本上 恵三
コンセプトスペース、アートインスティチュート渋川、田中アートプログラム
後援
上毛新聞社、朝日ぐんま、群馬よみうり、エフエム群馬、群馬テレビ
地図


GOOGLE MAP 大きな地図で見る

BACK

TOP